特 徴

■強い強度による経済性

アーチカルバートは、上部がアーチ形、下部がボックス型をしているため、上部の荷重は軸方向圧縮力として伝達され、部材の上部及び側壁に生じる曲げモーメントはmボックス型に比べて大幅に低減され高い強度をもつことが出来ます。
このため、大きい土被りに対して特に有効であり、経済性が発揮されます。


■ゴム輪による高い止水性

アーチカルバートは、継手部にゴム輪を使用することにより、高い止水性を確保することができます。

■ゴム輪の弾力性による可撓性

アーチカルバートは、ゴム輪を使用しているため、地盤の多少の不同沈下に対しても、従来のモルタルコーキングとちがい、ゴム輪の弾力性による可撓性が発揮され漏水の心配がありません。

■工期の短縮による経済性

アーチカルバートは、ゴム輪を使用するため、継手部にモルタル目地を施す必要がなく施工が簡単で、工期の短縮による経済性が発揮されます。
また、円形管において必要とされるコンクリート巻立ての必要がなく施工性、経済性が優れています。